Loading...
Loading...

上方舞とは京阪神で生まれた舞を総称し各流派独自の発展形態を遂げ、関東で生まれた「踊り」とは性格を異にしています。
山村流は、中でも最も古い流儀であり、三世中村歌右衛門に歌舞伎の振付師としての才能を認められた山村友五郎を流祖として、
江戸時代(文化3年)大阪で創流されました。このため、歌舞伎や文楽にも多くの振りが残っております。

大阪という土地柄、当時の交流の場であった酒宴席の座敷には舞が欠かせぬものであり、埃をたてぬ様、一畳の空間でも舞えるようにと
配慮がされてきたことが舞台芸術のまま育った「踊り」と違う点と言えます。主に座敷で舞われてきたものを「座敷舞」と呼び、
土地ごとに歌われた当時の流行り唄「地唄」に振りをつけられたことで「地唄舞」とも呼ばれています。

「能」より作られた「本行物」は中でも「許し物(奥許し)」として重い格付けで扱われるほか、動物などをおもしろおかしく唄い込んだ
「滑稽物(おどけもの・作物)」やそれぞれの土地の風土や季節ごとの風情・風俗を写したものなど、様々なものが伝えられています。
山村流の舞は、能から出た行儀の良い舞として商家の子女の行儀見習いの心得とされ、
谷崎潤一郎の「細雪」でも主人公妙子が地唄の「雪」を舞う姿が描かれています。

私は平成三年の祖母の死に伴い生前に宗家を継ぐことなく早逝した母・糸に五世宗家を追贈し、平成四年に六世宗家 山村若を襲名致しました。
そして、平成二十六年に三代目山村友五郎を襲名し、長男の侑が四代目山村若を襲名致しました。街並みも急速に近代化してゆく大阪の街で
いかに大阪の匂いをその舞の中に残し次の世代に伝えることができるかが私に与えられた使命と考えております。
何卒これを機に上方舞に深いご理解を賜り、今後共ご後援賜りますようお願い申し上げます。

NOIMAGE
四世宗家山村若二十七回忌追善 山村流 舞扇会を開催いたします。

四世宗家山村若二十七回忌追善 山村流 舞扇会を開催いたします。 平成29年は 四世宗家山村若の二十七回忌にあたっております。 5月21日(日)に国立文楽劇場に於きまして四世宗家山村若二十七回忌追善「舞扇会」を開催させて頂

WANKYU
第55回大阪国際フェスティバル2017花舞台浪花賑に出演いたします。

第55回大阪国際フェスティバル2017花舞台浪花賑に出演いたします。 フェスティバルシティ・オープン記念 第55回大阪国際フェスティバル2017 花舞台浪花賑(はなぶたいなにわのにぎわい) 上方舞「手打唄」梅の小袖(てう

tomogoro_dojyouji
第60回記念日本舞踊協会公演に山村友五郎と光が出演いたします。

  第60回記念日本舞踊協会公演に山村友五郎と光が出演いたします。 第60回記念日本舞踊協会公演/国立劇場 大劇場 ■平成29年2月17日(土)昼の部 長唄『三人連獅子』山村光ほか ■平成29年2月18日(土)

toru
11月舞踊公演「舞の会―京阪の座敷舞―」に出演いたします。

  11月舞踊公演「舞の会―京阪の座敷舞―」に出演いたします。 公演期間 2016年11月26日(土)~2016年11月27日(日) 開演時間 26日午後1時開演(終演予定午後3時30分) 26日午後4時開演(

山村流六世宗家 山村友五郎 / 大阪の山村流宗家に長男として生まれる。祖母の山村流四世宗家・山村若、母・山村糸のもと、幼少より修業する。平成四年、早逝した糸に五世宗家を追贈し、六世宗家 山村若を襲名。流祖・友五郎よりの歌舞伎舞踊と、京阪神で発展した座敷舞(地唄舞)という二つの流れを大切に、伝統の維持継承に力を注ぐ。

平成十八年、創流二百年祭を開催。同二十六年、長男・侑に若の名を譲り、山村友五郎(三代目)を襲名する。一門の舞踊会「舞扇会」を主催するほか、『五耀會』を結成し、日本舞踊の普及に努める。文楽、上方歌舞伎、宝塚歌劇、OSK等の振付、舞踊指導、門下育成に従事する。また、流儀に伝わる振りや文献から流祖所縁の演目の復曲にも意欲的に取り組んでいる。

文化庁芸術祭優秀賞、同新人賞、芸術選奨文部科学大臣賞、同新人賞、また、友五郎襲名公演の成果として昨年日本芸術院賞を受賞。
父は、宝塚歌劇団脚本演出家・植田紳爾。

山村光 / 山村流宗家の長女として大阪に生まれる。三歳にて、祖母・四世宗家に手ほどきを受け、
地唄「石橋」にて、初舞台を踏む。早世した母・糸の意志を継ぎ、兄・六世宗家山村友五郎と共に、
山村流の伝統を次代に伝えるため力を尽くしている。

昭和六十年 兄と「双葉会」を開催。昭和六十二年 咲くやこの花賞。平成五年より「山村 光リサイタル」を主催する。
同三年 / 七年 大阪文化祭奨励賞。同十一年 大阪文化賞を受賞。同二十二年舞踊批評家協会新人賞を受賞。

宝塚音楽学校日本舞舞踊講師。

山村若 / 平成三年に大阪の山村流宗家に長男として生まれる。父の山村流六世宗家・山村友五郎のもと、幼少より修業する。
平成二十六年、四代目山村若を襲名。

山村侃(かん)/ 平成四年に山村流宗家の次男として生まれる。一歳と三カ月で父の六世宗家山村若襲名披露舞踊会にて初舞台。その後も山村流一門の会『舞扇会』に毎年出演する他、後見等を務め修行を続けている。

自宅稽古場

大阪市中央区 地下鉄谷町9丁目駅 より徒歩5分
山村友五郎
山村若
山村侃
山村郁子
日時が変動いたします。
お問い合わせください。

豊中稽古場

大阪府豊中市中桜塚
阪急宝塚線岡町駅 徒歩5分
山村若
山村郁子
日時が変動いたします。
お問い合わせください。

兵庫県神戸市中央区波止場町2-1
JR阪神元町駅 徒歩10分
TEL:078-333-4301
山村友五郎
木曜日
(月2回)

兵庫県西宮市高松町14-2-502 阪急西宮ガーデンズ5階
阪急神戸線西宮 北口 徒歩1分
TEL:0798-69-3450
山村友五郎
毎週金曜
14:00~16:00

神崎川稽古場

大阪府大阪市淀川区  阪急神戸線神崎川駅 徒歩5分
山村友五郎
日時が変動いたします。
お問い合わせください。

兵庫県神戸市中央区東川崎町1-2-2HDC神戸6F
JR神戸駅前すぐ、阪急・阪神・山陽 高速神戸駅から徒歩4分
TEL:078-360-6198
山村光
第1・3・4火曜

15:00~17:00


大阪府大阪市北区角田町8-1梅田阪急ビルオフィスタワー17階
JR大阪駅、阪急・阪神・地下鉄梅田駅より徒歩3~5分
TEL: 06-6367-0880
山村光
毎週水曜

16:15~17:45


関東稽古場

東横線菊名駅 徒歩5分
目黒線白金台駅 徒歩1分
詳細はお問い合わせください。
山村郁子
土・日(月数回)
※詳細はお問い合わせください。

山村流入門のお申し込みを承ります。山村流各師範による最寄りの教室もご紹介致します。詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。

お蔭様で、平成26年9月26日から28日にかけての山村友五郎襲名披露舞扇会が無事に開催されました。

連日、たくさんのお客様にお運び頂き、本当に温かいご声援を賜りましたこと、心より篤く御礼申し上げます。

諸先輩方、舞踊家の方々、演奏家の方々、舞台を支えて下さった方々、流儀一門、
皆々様に伝えきれない程の感謝の念にあふれており、この数日間、余韻を嚙み締めながら過ごしております。

今後もなお一層研鑽すべく、身の引き締まる思いですが、何卒これからも益々のご厚誼の程、宜しくお願い申し上げます。

花も雪も 払へば清き袂かな ほんに昔の昔のことよ わが待つ人も吾を待ちけん
鴛鴦の雄鳥にもの思い羽の 凍る衾に鳴く音もさぞな さなきだに心も遠き夜半の鐘
聞くも淋しき独り寝の 枕に響く霰の音も もしやといっそせきかねて
落つる涙の氷柱より 辛き生命は惜しからねども 恋しき人は罪深く
思はぬことの悲しさに 捨てた憂き 捨てた浮世の山かずら

地歌の中で最も有名な曲として知られ、 心も遠き夜半の鐘・・・に続く部分は、しんしんと降る雪を見事に表現した「雪の合方」として、邦楽の様々な曲に使われています。大阪南地の芸妓・ソセキが出家した後に、かつての恋を想い、来ぬ人を待ち焦がれて過ごした雪の夜を回想し、世を捨てた後もかすかな煩悩を捨てることが出来ぬ心情を切なく詠っています。山村流では黒紋付に「きゅうへい」という髷を結って舞うのが大方のきまりとなっています。谷崎潤一郎の『細雪』の中で、主人公妙子が、山村流の『ゆき』を舞う姿が描かれていることでも有名です。

「ゆき」という曲は、舞う年代や舞い手によってそれぞれの解釈が有ってしかるべきとされています。まず、決まった「間」の中で完成された「振り」と「型」が存在し、そこへ作品の解釈が加わり心情を表現するということにおいて、地唄舞の代表演目とされ、また、山村流の魂が込められていると云われる所以でしょう。

(写真)山村流四世宗家  山村若

各種お問い合わせに関して

お稽古や公演やご取材等に関してはメールにて承っております。ご返信にはお時間を頂く場合もございますので何卒ご了承ください。