Loading...
Loading...

E7F3AF9F-BE03-4D81-8BCA-0821403FD6F0

10月28日(日)、大阪・大槻能楽堂にて第一回 友五郎の会を開催いたします。

拝啓 初秋のみぎり

皆々様には益々ご清祥にお過ごしの御事とお慶び申し上げます。平素は一方ならぬご厚情を賜っておりますこと心より厚く御礼申し上げます。

扨、この度、10月28日(日)に大阪・大槻能楽堂に於きまして「第一回 友五郎の会」を開催させて頂く運びとなりました。
私自身のリサイタルの開催は11年ぶりとなり、平成26年に友五郎の名を襲名致しましてより初めてとなります。

流祖・友五郎は、「能を善く」した者とされ、武士の嗜みであった能より型を取り入れ、女性にも座敷にて舞える様にと地歌を用いた舞を考案致しました。
これが、地唄舞の始まりと考えられております。三代目友五郎としての初めてのリサイタルは流祖に倣い、能より取材した地歌二題、長年振付けたいと憧れておりました「善知鳥」と四世宗家・若振付に、前半の部分を振付増補致しました「石橋」を勤めさせていただきます。

また、二曲の間には、息子達、若・侃にて地歌「たにし」をご覧頂きます。「たにし」は、当流の若佐紀が、昭和53年に振付し自身で舞い、文化庁芸術祭賞を受賞しました作品で、この度若佐紀の許しを得て、二人立ちの作品にさせて頂きました。烏に捕えられた田螺の命ごいの様子が滑稽な作品でございます。

久しぶりのリサイタルでございますので、精一杯勤めたく存じます。賑々しくご来場賜りご声援頂きますれば何より幸甚に存じます。何卒ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

時節柄、皆々様くれぐれもご自愛の程お祈り申し上げます。

敬具
平成30年 長月吉日

山村流六世宗家
三代目 山村友五郎

■第一回 友五郎の会
【開催日時】10月28日(日)14:30開演
【会場】大槻能楽堂
【主催】山村流
【出演】友五郎 若 侃

■お問い合わせ
お問い合わせはメールで承っております。